読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ガールズ&パンツァー劇場版」感想 彼女が本当に取り戻したかったもの

というわけで先週日曜日に観て、勢いでもう月曜日にもう一回観た。ストーリー的には若干蛇足気味ではあるがTV、OVAも含めたシリーズの集大成として良い出来だった。今まで戦った相手が全員集合した上で30VS30の殲滅戦という展開はTVでは絶対できないであろうものだったが、それをTVをはるかに上回るクオリティで描き切ったのは素晴らしいと思う。
言いたいことは多数あるのだが戦闘描写等は色んなところで書きつくされている感があるので個人的な考察を少し書いてみたい。

「取り戻せ」というキャッチフレーズ

もちろん表層的な意味では無くなってしまう学園、引いては学園艦のことであり、大洗の面々はそれを取り戻すために戦うことになる。だがその一方で主人公である西住みほにとってはこの作品は姉との絆を取り戻す物語であると思う。
元々みほは姉のまほとは黒森峰ではともにチームに所属し隊長と副隊長という関係であった。しかしみほのとった行動により彼女は黒森峰を出ることを余儀なくされてしまった。これに関してTV版でも姉のまほは一貫して「気にしていない」そぶりを見せているのだが立場上それを自分からは言い出せない(彼女の場合母の手前というものもあるだろう)。みほの方はその件をずっと気にかけており、その悩みが解消されたのはTV版のラスト2回を経てようやくであった。TV版の最後に二人はようやくお互いにわだかまりがないことを伝えられた。その上で再び姉妹が絆を再構築するのがこの映画の裏の目的だったのではないだろうか。

過去と今の二人をつなぐもの

姉妹の絆を象徴する存在として今回ピックアップされたのが中盤出てくる二号戦車である。各種設定を読んでいる人は既に知っている事項だが、実はこの戦車はみほがプロフィールで「好きな戦車」として挙げているものだ。正直この項目自体長らく死に項目に近い状態だったので、この要素をここで使ってきたのは少し驚いた。彼女が好きな理由はもちろんそれが古き良き日の姉との思い出だからだろう。その戦車に二人で乗って過去を回想するシーンは元々セリフはあったが水島努監督が全てカットしたそうだ。素晴らしい演出だったと思う。同時にその頃の関係に戻りたいという二人の気持ちを象徴しているシーンだった。

戦いを通して復活する絆

ここまでを踏まえて後半戦の殲滅戦である。当初はもちろん他人の手前もあり他人行儀な呼び方をしていたみほ。一方まほの方はこの戦いの間を通して実質的な副官として、そして姉としての両面から全力でみほをサポートしている。そしてみほの方もそれに応じて最終的には「お姉ちゃん」と呼び姉妹コンビでの決戦になだれ込んでいく。最後のコンビネーションは姉が主導権を持っていた黒森峰では絶対に実現しえなかったものだろう。今まで姉の後ろをずっとついてきた妹が姉を引っ張って壁を乗り越えた瞬間だったと思う。

余韻、そして

エンディングでも姉妹の会話は声無しだったがTVのラストともまた姉妹の関係が変わっていることがうかがえるものであった。取り戻したいものを取り戻したということをシンプルに見せた良いエンディングだったと思う。
作品としてはこれで一区切りだと思う。今後があるとすればおそらくそれは母との絆を取り戻す物語になるのかなと思う(スピンオフで若干の示唆がある)。

最後に

とにかくエンターテイメントとして素晴らしい作品であり、同時に上記のようなしんみりした要素もあり。本当に素晴らしい作品だった。作り上げた人々に最大の感謝を。後何回かは見てみたい。

ニンジャスレイヤーにおけるコトダマ空間の考察

はじめに

そろそろオボーンも近づいてきたのでヤバイ級ハッカーたちが到達できるという謎の世界、コトダマ空間について決断的に考察だ。あくまで考察であるので間違いもあるだろうが広い目で呼んで頂きたい。ヤンナルネ!

コトダマ空間とは何か

まずここで仮定するのは、忍殺世界のネットワークが人間の脳をモデルとして構築された高度なニューラルネットワークであり、いわばそれ自体巨大な一個の脳であるということだ。人の脳もニューラルネットワークである。LAN直結者が特定の条件を満たすと自身のニューロンが電脳空間にシナプス結合され、その一部となる。それを果たした者は電脳世界内の信号を自分の拡大された脳が受け取った信号とみなし、自身の体験に基づき何らかの事象に変換して認識する。これにより電脳世界の内部を事象として見ることができるようになった状態が「コトダマ空間に入った」状態と考えることはできないだろうか。

IPアドレス

忍殺世界のIPアドレスの定義は比較的我々の世界に近く、IRCによるアクセスの際に端末およびログインの物理的位置を示す情報であると考えられる。IPアドレスはあくまで正規のガジェットでログインする際にシステマティックに割り当てられる訳だが、世の中には良くわからんがイレギュラーな方法でニューラルネットワークに侵入してくる輩がいる。そう、ニンジャである。
ニンジャスレイヤーはバーバヤガによってコトダマ空間に引きずり込まれたが、この際彼のIPアドレスは通常のIPアドレスのレンジ外であった。おそらくシルバーキーやアンバサダー・ディプロマット兄弟がアクセスする際も同様であろう。彼らはおそらく人間のニューロンに潜航するのと同じ理屈がそのままコトダマ空間に適用できる。ポータル兄弟に関してはおそらく兄弟故のなんかによってお互いのIPアドレスを無意識に認識していると思われる。
そこから逆に考えるとアラクニッドがキョジツテンカンホーを破る鍵としてレンジ外のIPアドレスを示したことは、ロードが何らかの形でコトダマ空間を経由して他人のニューロンを操作していることを示唆している。

コトダマ空間内でのアイデンティティ

これは既にヘッズ達がご存知の通りシルバーキーの言うところの「鍵」である。これはコトダマ空間に自らのニューロンを直結した際に自らの本来の領域を認識するための鍵であると考えられる。そういう意味ではこちらの用語のハッシュキーに近い扱いと言えるだろうか。この鍵がいわゆる人やニンジャの「ソウル」と直結するものかどうかというのはまた興味深い命題である。

コトダマ空間の太陽、キンカク・テンプル

コトダマ空間をひときわ謎めいたものにしているのがキンカク・テンプルである。色々言われているが、二部終盤にいくつか重大な事実がほのめかされていることにはお気づきだろうか。一つはかつてニンジャ達が集団でセプクを行いそのソウルを送ったと言われること。もう一つはドラゴン・ニンジャの人格・記憶がキンカクに格納されているような描写である。彼女はキンカクのバックドアを使い時には自らの記憶をリセットしているのである。もし現在の忍殺世界でディセンションしてくるソウルがかつてセプクしたものたちであるのならば、キンカクはおそらくニンジャの記憶と人格を保管するためのサーバである可能性が高い。ネオサイタマにおけるギンカクも基本的には同様の機能と思われる。こちらは何故かモータルの怨念に特化して集約されているようだが…?

再度、コトダマ空間とは、そして電脳世界の成り立ちとは

以上をもとに改めてコトダマ空間とキンカク・テンプルがなぜ太古からあるかというところに立ち返る。キンカクが何らかの意図をもってニンジャソウルの格納場所として作られたのであれば、それを中心として回る電脳世界もまたそれに付随して作られたシステムという可能性がある。
ここで一つ珍妙なアイデアを提示したいと思う。冒頭に電脳世界が巨大な一個の脳めいていると言ったが正にその通りだったとしたらどうだろう?無論人間の脳ではありえない。ニンジャでもないだろう。正にそれこそがリー先生の言うところの「シンギュラリティ」である。そしてそれがヌンジャと同一の存在であるとしたら…?かつておきたニンジャの戦争は案外ヌンジャの夢なのかもしれない。

終わりに

などと妄想を書き綴っていくうちにブツメツの夜は更けていく。正直こんなものは子供向けのカトゥーンでも使い古されたような話だ。…今何か大きな音と振動が…?
…周りが騒がしいけど、エート、何かあったの?
アイエエエエ!窓!窓の外!キョート城が飛んでるナンデ!何か光…ゴウランガ!

*[Book]最近買ったもの

水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)

水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)


順次購入中。続編の楊令伝まで合わせると相当な巻数になる。三国志もそうだけど北方氏はオリジナルキャラの使い方が上手い。
ストライクウィッチーズ アフリカの魔女  ケイズ・リポート

ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート


ラノベレーベル買うの実は初めてかもしれん…。ハヤカワの黄色とか白も似たようなものなので特にこだわりは無い人だけど。
ストライクウィッチーズシリーズは角川がずっと前からプロジェクトとして育ててきたが、そのバックボーンはキャラクター原案の島田フミカネ氏とこの小説を書いている鈴木貴昭氏あってこそ。その鈴木氏が漫画家の野上武志氏と組んだアフリカの魔女シリーズはもともと同人で漫画と小説セットで刊行されていたが、今回正式に角川から出る際に漫画と小説それぞれ別にまとめられている。漫画版は戦記ものおよび群像劇として俯瞰的に描かれており、小説版はケイとティナの二人をクローズアップしている。

[Music]UK来日

こちらでは書くのを忘れていたので。
今回はジョン・ウェットン、エディ・ジョブソンテリー・ボジオによる「Danger Money」期のトリオ編成となります。

Danger Money

Danger Money


1stアルバムに比べるとパワー不足という声もありますが完成度はこちらの方が高かったので楽しみです。
行くかどうかは…。去年今年とプログレ関連で少々お金使いすぎてるからなあ。
ライブアルバムとか出るといいんですけど。

[Game]ARMORED CORE V


体験版プレイ中。オンは今日と明日限定の模様。まー案の定なんか色々トラブってますが。
今回が初のACシリーズで操作面とかさっぱりだったけど某所のわかりやすい画像とチュートリアルで意外とすんなりゲームに入ることができた。現在配信されている体験版はオフ用のミッションもあるのでそちらでも練習できるのが良い感じ。
初心者はタンク脚がかなり強い。初心者に限らず侵攻戦などではかなり火力、防御とも頼りになる印象。ただ当然周りが足並みをそろえないと孤立して袋叩きになるのでその辺は注意がいりそうな感じ。上位だとアンチタンクみたいな役割の人が大概チームについてる現状もあるので(4脚の狙撃系が多い)慣れたら乗り換えた方がいいんだろうけどね。
製品版は…どうしましょうかねえ。

[Music]イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル

春の陣のチケット購入。今回は2日目と3日目。ディスクユニオン新宿プログレ館だったけど5時半から並んだので比較的良い席を取れました。
ついでに予習用にこれを購入。

Rotolando Respirando

Rotolando Respirando


ライヴ・テイスティング

ライヴ・テイスティング

  • アーティスト: ラッテ・ミエーレ
  • 出版社/メーカー: マーキー・インコーポレイティド
  • 発売日: 2009/04/22
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る